出会い系で知り合った母子家庭

出会い系サイトのPCMAXを使った時のことです。女性側も本物の出会いを求めている会員ばかりだったので、おもに可愛い熟女系の何人かと知り合うことができました。

相手は基本的に独身だったのですが、子連れの女性(旦那と離婚したばかりの母子家庭)も多かったようです。知り合うことには何の苦労も必要ありませんでした。

パソコンから始まって、携帯でのやりとりで待ち合わせをするというパターンが多かったのですが、携帯でのやりとりはかなり頻繁だった女性なので、ほかの女性と会っているときにメールや電話があるとごまかすのに苦労します。その一人が実は母子家庭で、小さい女の子が2人いたようです。子供を実家に預けているときに、若い母親と二人で会っていました。最初に会ったときは夜景がきれいなスポットでキスをして軽く抱きしめた程度でした。若いお母さんというより、女の最盛期でもあるアラフォーだったので、これはセフレとしてキープしておくしかないという女性です。

私の仕事が終わったら、子供の世話を終えた女性からの連絡を待って迎えに行くということが続きます。そしてホテルに直行する日々です。ホテルで男女の夜を過ごした後、数時間仮眠をして早朝に仕事に向かうのです。そして、彼女は子供の学校の準備に追われるという毎日。お互いに性欲が大きい男と女なので、生理の時以外は毎日でも愛し合っていたいという仲に発展するのに時間は必要ないのです。

「私と一度経験したら、離れられないくらい、いいらしいよ。」と事前におっしゃっていましたが、そうでもないなと思いながら、帰途につく毎日なのです。