ひと夏の忘れられない一夜の過ち

はじめて出会い系を利用したのは24歳の頃でした。そのころ私は2年くらい付き合っている彼女がいて、正直すこしまんねり感を感じていました。でも彼女の事はすごく好きだったので、あまり浮気しようとも思わずにいましたが、ある長い夜、つい魔がさして行動にうつしてしまいました。出会い系のハッピーメールに登録したのです。いざ登録してみても、どうせ自分の青春時代のようにサクラばっかりなんだろうなぁ…と思っていたので、あまり期待せず、でもソワソワしながら待っていたのですが、0時過ぎくらいに同い年くらいの方からメッセージが来ました。すぐに会おうということになり、今から会えるのはホテルくらいしかないよね、と、二人の所在地の近くのホテルの近くで待ち合わせすることになりました。ドキドキしながら急いで準備し、家を出て、正直かなり興奮していました。大好きな彼女の事も全く頭になく、完全に浮かれていました。
そうしてその人は、カワイイ系の背のちいさい女の子で、こんなかわいい子でもそういうことするんだぁ、と少し不思議に思ったのを覚えています。会って話してみるとすごく話もあい、ふつうのカップルのように手をつないでホテルまで行きました。お盆の時期だったので翌日も休みだし、彼女も寝ていたので、自分が家にいないことなどまったく知る由もしなかったでしょう。当時彼女とは一緒に住んではいなかったけど、基本朝まで電話していたので普段であれば家にいないのを怪しまれるのですが、その日はたまたま彼女が電話する前に寝てしまっていました。そうしてはじめてあった人と、まるでカップルのいちゃいちゃしながらホテルに入り、お風呂にも入らず求めあいました。2・3回して一緒にお風呂に入り、その後朝まで話してお別れしたのですが、以降彼女とは会うことはありませんでした。その彼女から連絡は来たのですが、朝になり、その娘と別れたら猛烈な罪悪感にさいなまれ、すぐにその人を記憶から消しました。ひと夏のたった一夜の過ちとはいえ、今でも本当に申し訳なく思っています。ただ、あの夜を思い出すと、今でもすごく興奮するのは事実です。