も一度あの時を

私は今から15.6年くらい前に不倫のようなことをしました。
それは当時医療機器メーカーの営業をやっていた時のことでした。
私は担当していた商品の販売用のチラシの作製のためによく会社の近くの ある印刷会社によく足を運んだりしていました。
その時であった人がその相手の女性でした。
年は10歳くらいはなれていて、彼女は独身でした。
いつもその彼女とチラシの構成や印刷のでき具合など打ち合わせなどをやったものでした。
それで何度も会うたびに私はその彼女に心を奪われてしまっていました。
いつもひた向きで真面目で頑張りやの彼女を見ているととてもチャーミングで輝いて見えました。
私は自分の気持ちを抑えることができなくなりまして、告白とかではなく、その彼女を食事に誘いました。
誘い方は「ちょっと打ち合わせしたいことがあるので」と言う感じであるお店で会う約束をしたんです。
仕事だから彼女はその日その時間にちゃんと来てくれました。
おそらく彼女の方は私への思いは強くなかったんではないかなと思います。
お店といいましても居酒屋です。
二人でいろいろ食べながら飲んだのを憶えています。
ほとんど仕事の話などやっておりません。
ただ私はその子と一緒にいたいという気持ちだけだったような気がします。
恥ずかしい話しですが、ほんとに私はその時、素晴らしく幸せだったのです。
こんなことがあるんだな~と夢のような夜でした。
そこで食事をしたあと、私たちはラブホテルに行きました。
そして二人は初めてそこで結ばれたのです。
二重に夢物語のようでした。
やっぱり、人生捨てたものではないですね。
その後はそういうことはなかったんですがお互いが割り切っていたので、素晴らしい思いでとして私の心のアルバムに刻まれています。
ありがとうあの日の彼女。